田崎史郎氏が予想、自民次期総裁の有力候補 「桜を見る会」について意見も

田崎史郎氏が予想、自民次期総裁の有力候補 「桜を見る会」について意見も

 政治ジャーナリストの田崎史郎さん=福井県坂井市出身=が11月14日、福井県あわら市内で講演した。安倍晋三首相は2021年9月の自民党総裁任期までに退陣するとの見立てを示し、「次期総裁は岸田文雄政調会長か河野太郎防衛相が有力」と語った。

 二階俊博幹事長が言及する安倍首相の党総裁連続4選論に対して、田崎さんは「(4期目を)やる気はないだろう」と指摘。21年10月の衆院議員任期を踏まえ、来夏の東京五輪・パラリンピックが終わり、全世代型の社会保障改革を実現させて身を引くとの見方を示した。

 総裁候補としては石破茂元幹事長、茂木敏充外相ら8人を挙げた。その上で、派閥や政界の人間関係、人望などを考えると岸田、河野両氏が有力と説明。岸田氏には安倍首相の期待があるとする一方、河野氏については、当選同期で関係が近い菅義偉官房長官が、自身も総裁候補だが支援に回る可能性が高いと述べた。

 「公的行事の私物化」と批判されている首相主催の「桜を見る会」に関しては、「首相の後援会だけが優遇されるのは公平ではない。首相が説明した方がよい」と述べた。

 講演会は坂井法人会などが開き、約150人が聴講した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福井新聞の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る