入団6年目以内の野手ではソフトバンク柳田(2016年・2億7000万円)を超え史上最高額

 オリックスの吉田正尚外野手が22日、球団事務所で契約更改交渉に臨み、8000万円増の年俸2億8000万円プラス出来高で更改した(金額は推定)。入団6年目以内の野手では史上最高額となった。選手会長として迎える今シーズンに向け「チームは優勝、個人としてはタイトル争いをして1個でも多くタイトルを目指していきたい」と意気込んだ。以下は契約更改交渉を終えた吉田正の一問一答。

 ――契約更改交渉は越年となった
「(年俸)もろもろ含めて乗るか乗らないかぐらい。さしてくれれば(笑)。ちょっと今回、年越してしまいましたが下交渉も遅かった。沖縄で自主トレも始まっていた。代理人に任せていた」

――アップ額で買いたいものは?
「パッと思い浮かばないですが、必要なもの。家電だったり娘も生まれたのでちょっといいものを。必要なものを買いたいと思います」

――交渉で球団との話合いは?
「去年1年間しっかり頑張ってくれたしタイトルを含めお疲れ様と。今年選手会長になりますし、チームも2年連続最下位という現実を受け入れて、今年なんとか優勝できるように。責任を持って、良い環境を作っていきたい」

――選手会長として球団に要望は?
「仮眠ルームだったり、戦術の部分でも新しい部門作って欲しいと。野球面と環境面について話させて頂いた。自分自身の性格は変わらないが、やるからには。選手会長はキャプテンとは違って難しい表現なんですが、選手の意見も人それぞれある。いい方向に代表して話できる立場になった。球団と積極的にコミュニケーションとれれば」

「開幕に合わせて逆算して宮崎キャンプで課題持ってレベルアップできれば」

――現在のコンディションは
「1月8日から沖縄で動いていて、怪我無くしっかりやれている。開幕に合わせて逆算して宮崎キャンプで課題持ってレベルアップできれば」

――2月無観客キャンプになる
「ファン楽しみにしている、行きたいという声も聞こえている。僕たちはプレーできるのでありがたいが、テレビなどで頑張っている姿を見せることができれば」

――2021年シーズンに向け
「自分のベストを尽くして、最終的なゴールに向けてどう準備していくか。チームは優勝、個人としてはタイトル争いをして1個でも多くタイトルを目指していきたい」

――自主トレで重点的に鍛えたところは?
「日本ハムの西川さんと一緒に。ほとんど遥輝さんがメニューも決めてくれて。ハードなトレーニングができましたので盗塁で恩返しできればと」

――契約更改交渉が遅れた理由は?
「出来高の部分もあったが元々、遅かった。下交渉も詰め込んでやっていたので。将来のビジョンについても少し話していた。日にちが伸びたのは時間が合わなかった。大筋は決まっていたので」

――将来のビジョン? ポスティングについて?
「色々含めて、これから自分の野球人生もイメージしながら」

――今年もオリンピックの開催が不透明な状況だが
「僕も正直、選ばれていないので。選ばれた選手がいるなかでこの4年でしっかり合わせて来た選手いっぱいいる。僕たちはまだプロ野球も開幕して120試合できた。そこと一緒ではないと思っている、オリンピックに合わせてきた選手は正直先も見えないでしょうし、と思っています」

――個人の成績、タイトル?
「一番目指してやっていきたい。そうなると自然とチームはいい方向にいくと思う。そこで引っ張っていければと思っている」(Full-Count編集部)