【MLB】大谷翔平がキャンプ初打撃投手 マイナー2選手に30球「すごいいい練習」

【MLB】大谷翔平がキャンプ初打撃投手 マイナー2選手に30球「すごいいい練習」

安打性の打球はなし、空振りは1球

 エンゼルス大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、米アリゾナ州テンピのキャンプ施設で今春初めて打撃投手を務めた。マイナー選手2人を相手に30球を投げた。

 キャンプ4日目となったこの日、打撃投手を務めた大谷は、ノビのある速球を中心にスライダー、カーブ、フォークの全球を正捕手マルドナドの構えるミットの中に投げ込んだ。エプラーGMとナギー投手コーチが見守る中、15球を投げた後に約5分の休憩を挟み、さらに15球を投げ、現在の調子を確認。合計30球の内訳は、空振りが1球、ファウル6球、ストライク7球、ボール14球、左飛2球だった。

 大谷は「(強度は)実戦よりは落ちますけど、もちろんブルペンよりはバッターがいて、どういう風に投げていこうという確認はできるんじゃないかと。すごいいい練習ができたんじゃないかと思います」と話し、次回に向けての手応えを掴んだようだった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索