ドジャースの先発はリーグ2位タイの4勝(0敗)、防御率2.87の左腕ウリアス

■エンゼルス ー ドジャース(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場する。この試合までメジャートップタイとなる10号本塁打をマークしており、単独トップの11号に期待がかかる。

 3連敗中のドジャースの先発は左腕フリオ・ウリアス。今季は6試合に登板しリーグ2位タイの4勝0敗、防御率2.87の好成績を残している。

 大谷は前日のレイズ戦では第2打席で2試合ぶりの一発となる10号2ランを放ち、レッドソックスのJD・マルティネス、ブレーブスのロナルド・アクーニャに並ぶメジャートップタイのアーチを描いた。これまでシーズン10号の日本人最速は2019年に自身が記録した44試合、180打席目だったが、今季は打者28試合、116打席で到達。試合数、打席数ともに更新した。到達日の日本人最速は2004年松井秀喜(ヤンキース)の6月4日だった。5月までの10号到達は日本人初めて。

 ここまで打者として28試合に出場し打率.273、10本塁打24打点、6盗塁の成績を残している。(Full-Count編集部)