大谷は5打数1安打、猛反撃の起点となる出塁も

■ドジャース 14ー11 エンゼルス(日本時間9日・アナハイム)

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、本拠地でのドジャース戦で、両軍合わせて28安打が飛び交った乱打戦に敗れた。4回に大量8失点を喫すると、続く5回にも5失点で最大13点のリードを奪われる展開。7回にはジョー・マドン監督が判定を巡って抗議して退場処分になった。直後にチームは7点を奪って猛反撃を見せたが、大逆転勝利には一歩届かず。試合後、指揮官は判定について言及した。

 場面は7回の先頭。ドジャースのDJ・ピーターズが打ち上げた打球は左翼ラインに上がり、滑り込んだ左翼手のジョン・ジェイは捕球できず。フェアと判定され、エンゼルス側がチャンレンジした。それでも判定は変わらず二塁打となり、抗議を続けたマドン監督は退場となった。

 このプレーを巡り「審判に対して私はこう言った。『私の所から見る限り、ファウルに見えた。言い争うことはできないのはわかっている。君はただ(審判としての)仕事を全うしただけ。それはわかっている。ただ私にも言い分がある。なぜならあの判定は間違っていたと本気で思っているのだから』とね」とマドン監督。試合後も、納得がいかないような口ぶりだった。

 試合はその裏、2死から大谷翔平投手が二塁手の失策で出塁したのをきっかけに、3ランを含む6連打で一挙7得点。3点差まで迫る猛追を見せた。大谷は5打数1安打1得点で打率.275となった。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)