今季は打率.167と打撃不振、三塁だけでなく一塁にも挑戦していた

 レイズは11日(日本時間12日)、筒香嘉智内野手をメジャー出場の前提となるロースター40人枠から外す手続きを取った。

 今季26試合出場し、打率.167、0本塁打、5打点。春季キャンプでは外野、三塁だけでなく、一塁にも挑戦。起用法の幅を広げたが、打撃が振るわなかった。代わりに24歳の三塁手ケビン・パドロが昇格した。

 筒香は2019年オフにDeNAからポスティングシステムを利用してメジャー挑戦。2年総額1200万ドル(当時約13億2000万円)でレイズ入りした。コロナ禍で開幕が遅れた昨季は51試合出場し、打率.197、8本塁打、24打点だった。今季年俸は700万ドル(約7億6200万円)。今後は他球団へのトレードやウエーバー公示にかけられての移籍、マイナー降格などの可能性もある。(Full-Count編集部)