名将ベイカー監督「大したアスリートだ。右翼でもプレーするのだからね」

■アストロズ 5ー1 エンゼルス(日本時間12日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、敵地のアストロズ戦に「2番・投手」で出場した。メジャー3度目の投打同時出場。今季最長7回で10奪三振1失点と好投したが、今季2勝目はならなかった。降板後は右翼手でプレー続行。4打数1安打で打率.265となった。“リアル三刀流”はメジャー自身初だったが、チームは1-5で敗れた。

 投攻守で躍動した。4回にメジャー通算100奪三振に到達。今季最長7回を投げ、今季初の10奪三振4安打1失点と好投した。同点の場面で降板となり今季2勝目はならなかったが、降板後の8回の守りからメジャーで初めて右翼の守備へ。同1死一塁ではディアスの右前打を打球処理した。バットでは2打席凡退で迎えた7回先頭ではマカラーズJr.から右前へ打ち返した。

 チームの3連勝へ導けなかったが、敵軍にも衝撃のリアル三刀流だったようだ。名将のダスティ・ベイカー監督は試合後の会見で、「(投手・大谷は)私が見た中で一番の出来だった。95〜99マイル(約153キロ〜約159キロ)を投げ、直球を外角低めに。最高のコントロールだった。大したアスリートだ。右翼でもプレーするのだからね」と驚きを隠そうとしなかった。

 ダメ押し3ランを放った元DeNAのグリエルも賛辞を惜しまなかった。「信じられない選手だ。前にも言ったことはあるんだけど、(野球選手)100万人に1人の逸材。投げて打って走る選手は世界のどこにも存在しない。投げて打つ姿に、多くの称賛が送られるべきだ」と語った。(Full-Count編集部)