茶目っ気全開「砂かけで球場がどよめき、拍手も起こるのか」

■ロッテ 6ー6 西武(16日・ZOZOマリン)

 ロッテのレオネス・マーティン外野手が16日、本拠地での西武戦(ZOZOマリン)で、リーグトップを快走する11号ソロと12号2ランを放った。試合は6-6で引き分けたものの、4打数3安打3打点と打線を牽引。打席での頼もしさの一方で、二塁ベース上で見せた愛らしい“行為”に「審判も笑ってるのがおもろい」「源田も苦笑い。観客は大笑い」との声が寄せられている。

 3回先頭打者として死球で出塁し、犠打で二塁に進んだ直後だった。西武先発の平井が二塁へ牽制するそぶりを見せると、マーティンは頭から帰塁。起き上がる際、ベースカバーのため近づいていた遊撃手の源田に砂をかけるようなそぶりを見せた。茶目っ気たっぷりな行動に、源田もニコリ。二塁の石山塁審も思わず含み笑いをしていた。

 この一部始終を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「出没、砂かけマーティン」と題して動画で公開。ファンからは「審判笑いながら歩く姿ええやん」「砂かけで球場がどよめき、拍手も起こるのか」「審判の笑顔いいね」「妖怪みたいで草」などとコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)