ブレーブス・アクーニャJr.、マリナーズ・ハニガー、ヤンキース・ジャッジに並ぶ

■Rソックス ー エンゼルス(日本時間17日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のレッドソックス戦で「3番・指名打者」で先発出場。4打席無安打で迎えた9回の第5打席で起死回生の逆転12号2ランを放った。チームは6-5で勝ち、連敗を4でストップした。「昨日、一昨日と負けているので。負け方もそんなに良くなかった。でも、こういう試合を勝てるということは力があると思っている。ここから波に乗っていけるように頑張りたいなと思います」と納得の表情を浮かべた。

 1点を追う9回2死一塁。守護神バーンズから右翼ポール際へ2試合ぶりの一発をかっ飛ばした。シーズン12本塁打はブレーブス・アクーニャJr.、マリナーズ・ハニガー、ヤンキース・ジャッジに並んでメジャートップタイだ。打球速度97マイル(約156.1キロ)、飛距離372フィート(約113.4メートル)、角度36度だった。

 今季初の3番スタメン。剛腕イオバルディと対した初回2死はニゴロ、2回2死一、二塁は空振り三振に倒れた。5回1死は三ゴロ失策で出塁。2死後、ウォルシュの左中間二塁打で生還を狙ったが、本塁タッチアウトとなった。7回2死は右飛に打ち取られた。最後の最後でアーチをかけた。

 前日15日(同16日)の同カードでは初回に左翼線安打を放ったものの、一、二塁間で挟まれて走塁死。4打数1安打3三振だった。試合前までの今季成績は36試合出場し、打率.264、11本塁打、27打点、6盗塁。また、ジョー・マドン監督は大谷の次回登板が19日(日本時間20日)の本拠地・インディアンス戦に決まったと明かした。(Full-Count編集部)