レッドソックス抑えバーンズ「今まで見た選手の中で一番才能のある選手だと思う」

■エンゼルス 6ー5 Rソックス(日本時間17日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のレッドソックス戦で「3番・指名打者」で先発出場。4打席無安打で迎えた9回の第5打席で起死回生の逆転12号2ランを放った。チームは6-5で勝ち、連敗を4でストップした。

 1点を追う9回2死一塁。守護神バーンズから、「ペスキーズ・ポール」と呼ばれるフェンウェイ・パークの右翼ポール際へ2試合ぶりの一発をかっ飛ばした。シーズン12本塁打はブレーブス・アクーニャJr.、マリナーズ・ハニガー、ヤンキース・ジャッジに並んでメジャートップタイ。打球速度97マイル(約156.1キロ)、飛距離372フィート(約113.4メートル)、角度36度だった。

 打たれたバーンズはお手上げだった。1点リードの8回途中から救援し、9回も簡単に2死を奪った。トラウトのポテンヒット後に、大谷に初球96.7マイル(約155.6キロ)のフォーシームを右翼ポール際へ運ばれた。「内角ストレートを投げたが、オオタニがしっかり捉えた。高めを狙っていたが甘いところに入った」と振り返り、大谷を称えた。

「今まで見た選手の中で一番才能のある選手だと思う。今後101マイル(約161キロ)の球を投げて、600フィート(約182.9メートル)の打球を打つ選手は見られるとは思わない。特別な選手だ。抜群の才能もあるし、長いキャリアを願ってる」

 コーラ監督は「フライとぺスキーズ・ポールのホームラン。ここでプレーすることでは十分あり得るシナリオだ。(バーンズは)しっかり投げてたし、 8回にちゃんとアウトをとり、9回もいいピッチングをしてた。トラウトは詰まった当たりがヒットになり、大谷が内角ストレートをペスキーズ・ポール沿いに打った。苦しんでるように見えたが、そうではなかったと思う」と被弾した守護神をかばった。(Full-Count編集部)