1点ビハインドの9回にメジャー屈指の抑えバーンズから逆転2ラン

■エンゼルス 6ー5 Rソックス(日本時間17日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のレッドソックス戦で「3番・DH」で先発出場し、9回に起死回生の逆転12号2ランを放った。大谷の一発でリードを奪ったエンゼルスは6-5で逆転勝ち、連敗を4で止めた。

 起死回生の一発は、1点を追う9回2死一塁に生まれた。レッドソックスの守護神バーンズが投じた初球を一振りで捉えた。「ペスキーズ・ポール」と呼ばれるフェンウェイ・パーク“名物”の右翼ポール際へかっ飛ばした。試合をひっくり返す逆転2ラン。メジャートップタイに浮上する12号弾にベンチはお祭り騒ぎになった。

 この一発には米メディアも絶賛の嵐だった。「MLB公式サイト」は「火山のように感情が沸き上がる勝利の中で、トラウトがお膳立てし、オオタニがかっ飛ばした」とし、大谷の決勝弾をレポート。記事の中では「オオタニは球界屈指の打者であると同時に、今季球界屈指の投手であることを証明している」と、投打に渡る働きを称えている。

 また、米スポーツメディア「スポルティングニュース」も「ショウヘイ・オオタニは9回にMLB屈指の抑え投手から放った勝ち越し2ランをハイライト映像に加える」と題し、メジャー屈指のクローザーから放った一撃を「オオタニがバトルを制してモンスター2ランだ!」と紹介。二刀流で活躍を見せる姿に「つまり、彼は現在球界屈指の刺激的な選手ということだ」と称賛の言葉を並べていた。(Full-Count編集部)