メジャー通算39盗塁は田口壮に並んで日本人歴代5位タイ

■アスレチックス ー エンゼルス(日本時間17日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・指名打者」で先発出場した。2回の第2打席で今季3度目の2試合連発となる19号本塁打を放つと、5回の第3打席で絶妙なバント安打。5試合ぶりのマルチ安打をマークした。また、二盗を決めて2年ぶりの2桁10盗塁を記録した。

 まずは3点リードの2回2死。左腕アービンの初球スライダーをバットに乗せた。右翼席へ飛び込む一発は飛距離435フィート(約132.6メートル)。打球速度110.9マイル(約178.5キロ)だった。

 前日15日(同16日)の同戦では8回の第4打席で6試合ぶりの18号ソロを放った。2試合連発は3戦連発した5月16〜18日以来自身8度目だ。本塁打王争いではアスレチックス・オルソンを抜いてリーグ2位。両リーグトップを走るブルージェイズ・ゲレーロJr.には3本差とした。

 5回先頭では一塁側を固めるシフトを突いて三塁側へセーフティバント。投手アービンが処理する間に一塁へ駆け抜け、5試合ぶり今季18度目のマルチ安打をマークした。2死後、二盗を決め、シーズン10盗塁に到達。通算39盗塁とし、日本人歴代5位の田口壮に並んだ。

 次回登板は17日(同18日)の本拠地・タイガース戦に決まっている。この日、強打者レンドンが2試合連続ベンチスタートとなった。投打同時出場するかについて、マドン監督は「明日また考えてみる。ベンチ入りの人数が限られているので、難しい状況になるだろう」と話すにとどめた。マルチ安打で登板へ弾みをつけた。(Full-Count編集部)