2回の第2打席でスライダーに泳がされながらも右翼席へ133mの特大弾

■アスレチックス 8ー4 エンゼルス(日本時間17日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・DH」で先発出場し、2試合連発となる19号ソロを放った。左投手から2試合連続で特大アーチを放ち、実況も「彼は宇宙人。プロスポーツで彼のような男は存在しない」と衝撃を受けた様子だった。

 2回の第2打席だった。大谷は左腕アービンのスライダーを捉え、右翼席へ飛距離435フィート(約132.6メートル)の特大弾を放った。泳がされながらも文句なしの一発を放った二刀流に、地元TV局も開いた口が塞がらない様子だった。

 この試合を中継した「バリースポーツ・ウエスト」で解説を務めたエンゼルスOBのマーク・グビザ氏は「ワォ! なんて力強いんだ! 彼がボールをかっ飛ばす瞬間の表情がいいですね」とニンマリ。解説のマット・バスガージアン氏も「彼は宇宙人ですね。日本出身ではなく宇宙空間からやってきたんですよ。プロスポーツで彼のような男は存在しません」と驚きの声を上げていた。

 この日、大谷は5回の第3打席では絶妙なバント安打を決めると、二盗に成功し2年ぶりの2桁10盗塁をマーク。打って、走っての活躍を見せたがチームは4-8で敗れ3連敗。17日(同18日)には今季10試合目のマウンドに上がるが、自らの力投で連敗を止めたいところだ。(Full-Count編集部)