2回の第2打席では右翼席へ133mの特大19号ソロ、5回には絶妙なバント安打

■アスレチックス 8ー4 エンゼルス(日本時間17日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・DH」で出場し、2試合連発となる19号、絶妙なバント安打を決め今季18度目のマルチ安打を放った。試合後、ジョー・マドン監督は「チーム打撃ができる選手だ」と称えた。

 大谷は2回の第2打席で、右翼席へ飛距離435フィート(約132.6メートル)の特大19号ソロ。5回にはバント安打をマークし、5試合ぶり今季18度目のマルチ。さらにこの日は二盗を決め、2年ぶりの2桁10盗塁を記録した。

 豪快弾に技あり安打、そして快足も披露した“二刀流”に、マドン監督は「先頭打者として出塁することで、チームがさらに得点を重ねるための後押しをした。とてもチーム打撃ができる選手だ」と、チームの勝利を優先させる打撃内容を称えていた。(Full-Count編集部)