右越え19号ソロは133メートル弾、2003年新人王ウィリス氏は絶句「オオタニ。ワォ」

■アスレチックス 8ー4 エンゼルス(日本時間17日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・指名打者」で先発出場し、2回の第2打席で今季3度目の2試合連発となる19号本塁打を放った。米メディア「ブリーチャー・レポート」は「2階席へ完全無欠の豪快弾」と称賛した。

 米メディアを驚かせたのは2回2死だった。左腕アービンのスライダーを泳がされながらもバットに乗せた。右翼席へ飛び込む19号ソロ。飛距離435フィート(約132.6メートル)、打球速度110.9マイル(約178.5キロ)の豪快な一発だった。米球界関係者も続々と速報した。

 元マーリンズ投手で2003年新人王のドントレル・ウィリス氏は「オオタニ。ワォ」と絶句。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「またしても信じられない一撃だ」と絶賛した。米メディア「ジ・アスレチック」は「警告:このオオタニの本塁打を見る前に、音量を下げておいたほうがいいかもしれない」と打球音に衝撃を受けたようだ。

 本塁打王争いではアスレチックス・オルソンを抜いてリーグ単独2位に浮上。両リーグトップを走るブルージェイズ・ゲレーロJr.には3本差に迫った。17日(同18日)の本拠地タイガース戦では今季3勝目を目指してマウンドに上がる。(Full-Count編集部)