前日に柳田に最多得票の座を奪われたが、1日で奪還

 日本野球機構(NPB)は17日、7月に開催される「マイナビオールスターゲーム2021」のファン投票の中間発表を行った。セ・リーグ外野手部門の阪神・佐藤輝明内野手が30万7626票を集め、ソフトバンクの柳田悠岐外野手を抜き、再び12球団最多得票に返り咲いた。

 中間発表開始から最多得票の座を守ってきた佐藤輝だが、16日に初めて、柳田が佐藤輝を抜いて最多得票に。だが、わずか1日で佐藤輝がその座を奪い返した。柳田は30万6260票と、佐藤輝との差はわずか1366票となっている。

 パ・リーグの三塁手部門でソフトバンクの松田宣浩内野手が西武の中村剛也内野手を抜き、トップに浮上。また、パ・リーグ外野手門でオリックスの吉田正尚外野手が29万6327票に伸ばし、柳田に肉薄している。(Full-Count編集部)