12球団最多得票は佐藤輝と柳田、吉田正の争いに

 7月16日にメットライフドーム、同17日には楽天生命パークで行われる「マイナビオールスターゲーム2021」。昨季は新型コロナウイルスの感染拡大によって球宴も中止となり、今年は2年ぶりの開催となる。

 現在、オールスターの出場選手を決めるファン投票期間の真っ最中。阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手が12球団最多得票を獲得しており、複数の部門で大激戦が展開されている。

 セ・リーグの外野手部門でダントツの得票数を誇る佐藤輝だが、最多得票の座はデッドヒートとなっている。パ・リーグ外野手部門でトップに立つソフトバンクの柳田悠岐外野手(30万6260票)と佐藤輝(30万7626票)との差は、わずか1366票。さらに、オリックスの吉田正尚外野手も票を29万6327票まで伸ばし、佐藤輝、柳田を猛追している。

 部門別で激戦となっているのも多い。セ・リーグでは中継ぎ投手、抑え投手、二塁手、そして外野手部門の2位以下が僅差の展開だ。

 中継ぎでは、DeNAの山崎康晃投手と阪神の岩崎優投手の差がわずか2000票ほど。抑え投手も1位の阪神・ロベルト・スアレス投手と2位の広島・栗林良吏投手の差は9000票ほど。栗林はルーキーながら東京五輪の代表メンバーにも選ばれ、ここから票を伸ばす可能性がある。

ソフトバンク松田と西武中村が接戦のパ・リーグ三塁手部門

 二塁手ではトップが山田哲人内野手の12万6990票。2位がDeNAのルーキー・牧秀悟内野手で10万8444票、3位が広島の菊池涼介内野手で10万2805票。1位から3位までの差が2万5000票弱と接近している。

 外野手部門は佐藤輝がトップを独走するが、2位から4位までは僅差。2位は近本光司外野手、3位はジェリー・サンズ外野手と阪神勢で3位までを占めているが、4位の広島・鈴木誠也外野手も15万4965票を獲得。サンズとは約3000票差、近本とも約1万7000票差となっており、今後の行方に注目だ。

 パ・リーグで大接戦となっているのが三塁手部門。西武の中村剛也内野手がトップの座を守っていたが、ここにきてソフトバンクの松田宣浩内野手が逆転。その差は約4400票ほどしかない。

 外野手部門では柳田と吉田正が接戦に。捕手部門では西武の森友哉捕手とソフトバンクの甲斐拓也捕手の差が約3万5000票ほど、となっている。

 ファン投票は20日まで受け付けており、最終結果は28日に発表される予定だ。どの選手が栄えあるファン投票での選出を手にするか。その行方に注目だ。(Full-Count編集部)