第2打席で133メートルの特大19号ソロ、第3打席は絶妙なバント安打

■アスレチックス 8ー4 エンゼルス(日本時間17日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・DH」で出場。左腕から2試合連発の19号ソロを放ったが、MLB公式サイトは次打席で決めた絶妙なバント安打にも注目。打って、走ってと何でもこなす大谷の姿にファンも「史上最高」「全てが素晴らしい」と賛辞を送っている。

 豪快な一発の次はチーム打撃に徹した。2回に右翼席へ飛び込む飛距離435フィート(約132.6メートル)の特大19号ソロを放つと、5回の先頭で迎えた第3打席では一塁側を固めるシフトを突いて三塁側へセーフティバント。快足を飛ばしバント安打を決め今季18度目のマルチ安打をマークした。

 MLB公式ツイッターは「本塁打をかっ飛ばした後にバント安打を決めることほど素晴らしいものはない」とコメントを添え動画を公開。これにはファンも「史上最高」「フィールドで恐ろしい存在だ」「全てが素晴らしい」「オオタニは人間ではない」「彼と結婚したい」と大絶賛。

 投げては160キロの直球に宝刀スプリット、打っては豪快なアーチに快足を活かした安打、盗塁。欠点が見つからない二刀流・大谷に全米のファンは驚かされるばかりだ。(Full-Count編集部)