今季2度目の3試合連続アーチはメジャートップタイの23号

■タイガース 5ー3 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のタイガース戦に「2番・DH」で出場し、シーズン自己最多となる23号2ランを放った。6戦6発と勢いは止まらず、本塁打王争いでも両リーグトップに並んだ一発に、ファンも「私たちは歴史を目の当たりにしている」と衝撃を受けたようだ。

 雄叫びをあげダイヤモンドを駆け抜けた。大谷は2点を追う5回1死二塁で迎えた第3打席、右腕マイズからバックスクリーンへ飛び込む23号2ランを放った。低めの変化球をすくい上げ放った豪快弾を、MLB公式ツイッターは「ショウヘイはアメージングだ!」とコメントを添え動画を公開。

 今季2度目の3試合連発、そして直近6試合で6本塁打と規格外の打棒を見せる二刀流に、ファンも「サイボーグ!」「どこに投げても打ってしまう」「私たちは歴史を目の当たりにしている」「ショウは殿堂入りの準備ができている」と多くのコメントが寄せられていた。

“投手・大谷”としては23日(日本時間24日)の本拠地・ジャイアンツ戦に今季11度目のマウンドに上がることが決定している。全米注目の“二刀流”の勢いはどこまで成績を伸ばすのか大注目だ。(Full-Count編集部)