ロイヤルズ戦で8回からの1イニングを3者凡退

■Rソックス 7ー1 ロイヤルズ(日本時間20日・カンザスシティ)

 レッドソックスの澤村拓一投手は19日(日本時間20日)、敵地・ロイヤルズ戦の8回から3番手として救援。1イニングを無安打無失点に抑えた。防御率2.86。チームは7-1で快勝した。

 5-1で迎えた8回。先頭のサンタナを二ゴロに打ち取り、通算170発の捕手・ペレスは97.4マイル(約156.8キロ)のフォーシームで空振り三振に斬った。ソレアは遊ゴロ。ロイヤルズの中軸を15球(ストライク7球)で片付けた。

 16日(同17日)の敵地・ブレーブス戦ではイニング跨ぎをして、1回1/2で2安打1失点だった。2試合ぶりのパーフェクト投球を見せた。(Full-Count編集部)