日本人初のホームランダービー出場を表明「日本人が出ているところを見てみたい」

 エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、オールスターのホームランダービーに日本人として初めて出場することを表明した。自身のインスタグラムを更新し、7月12日(同13日)の球宴前夜祭へ出場する意向を明かした。敵地・タイガース戦前のオンライン会見では「単純に日本人が出ているところを見てみたいなと。もちろん出るからには(優勝を)目指したいなと思っています」と意気込みを語った。

 ここまでメジャートップタイの23本塁打を放っている大谷。オールスターのファン投票選出とともにホームラン競争への出場にも周囲の期待が高まっていた。NPB時代の2016年にはホームランダービーに初出場して優勝。投手がMLBのホームランダービーに出場するのは史上初の快挙となる。

 決戦の舞台はロッキーズの本拠地クアーズ・フィールド。標高1600メートルの高地に位置し、他球場に比べて10%ほど打球の飛距離が伸びると言われている。スラッガーたちとのハイレベルな争いとなりそうだが、一方で心配されるのが本塁打競争の優勝者が球宴後に調子を崩すというジンクスだ。

 そこで2016年以降の優勝者らの前・後半戦の成績を見てみよう。

 2016年優勝のジャンカルロ・スタントン外野手(当時マーリンズ)は前半戦20発、後半戦7発。本塁打率は前半戦14.0打数に1本が19.1打数に1本とペースを落とした。2018年優勝のブライス・ハーパー外野手(当時ナショナルズ)は前半戦打率.214から後半戦打率.300と上げたものの、本塁打率は前半戦14.2打数から20.3打数に。

17年Vジャッジは打率.329→打率.228

 2019年優勝のピート・アロンソ内野手(メッツ)の本塁打率は10.8打数に1本から11.8打数に1本と1打数程度変わったものの、打率は前半戦.280から後半戦.235に。2017年優勝のアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)も本塁打率こそ大きく変わらなかったが、打率は.329から.228と調子を落とした。

 ただ、成績を上げる選手もいるようだ。2018年優勝のブライス・ハーパー外野手(当時ナショナルズ)の本塁打率は前半戦14.2打数から20.3打数とペースダウンしたが、打率は前半戦.214から後半戦.300にアップ。2019年準優勝で本塁打競争最多の計91本を放ったブラディミール・ゲレーロJr.内野手(ブルージェイズ)も28.1打数に1本から34.1打数に1本とペースを落としたが、前半戦.249だった打率は後半戦.293と結果を残した。当時ゲレーロJr.はメジャー1年目で環境に適応してきたとも言えるが、必ずしもホームランダービーが成績ダウンにつながるとは言い切れない。

 ホームランダービーは原則オールスター出場選手から8人が出場し、本塁打数の合計を1回戦、準決勝、決勝と3ラウンドで競う。日本のプロ野球とは違い、4分間に球数無制限で何本打てるかで決める。このルールが調子を落とすと指摘する声もある。
 
 ここまで大谷は打率.272、23本塁打、54打点。シーズン51発ペースでアーチを描いている。2004年に松井秀喜(ヤンキース)が記録した日本人シーズン最多31本塁打の更新はもちろん、今後の熾烈な本塁打王争いも期待される。

 本塁打競争のジンクスについて、大谷は「やっていないので正直分からないところではあるんですけど。やってみないことには。何事も経験しないと分からないだろうとは思います」と語った。米球界でも屈指のスラッガーとなった大谷の躍動を期待したい。(小谷真弥 / Masaya Kotani)