初回には14年ぶりのボークも「タイミングが重なって、ああいう形に」

■楽天 6ー4 西武(23日・メットライフ)

 楽天の田中将大投手が23日、5月1日のロッテ戦(楽天生命パーク)以来、53日ぶりとなる白星を挙げた。敵地メットライフドームで行われた西武戦に先発。6回までに今季最多の111球を投げ、8安打2四死球で今季ワーストタイの4失点を喫したものの、チームの連敗を7で止め、3勝目(4敗)をマークした。

 チームの勝利には「ホッとしたとかじゃなくて、むちゃくちゃうれしい」としつつも「それとは別に、今日こそは勝とうというチームの流れを僕の投球が邪魔していた。不甲斐ない気持ちでいっぱい」と、4点を失った自身の投球内容を猛省した。

 流れは決してよくなかった。1回に味方打線が2点を先取したが、その裏に1死から源田を四球で歩かせ、続く栗山の打席中にボークで二塁進塁を許した。田中将のボークはプロ1年目だった2007年9月6日のソフトバンク戦以来、14年ぶり2度目でメジャーリーグ時代にはなかった。

 一塁走者の源田がスタートを切ったタイミングで、投球動作を止める格好になった。「僕がいざ投げにいこうとするのと、一塁手の(鈴木)大地が声をかけてくれたタイミングが重なって、ああいう形になりました」と説明。直後、栗山に中前適時打された。

 2回には金子に同点適時打。味方が1点を勝ち越した直後の4回には、愛斗、柘植に連続適時打を浴び手逆転された。それでも味方が7回、岡島の2点適時三塁打で逆転。田中将に勝利投手の権利が転がり込んだ。「助けてもらって勝てたので、気持ちの部分では救われた部分がある。みんなに感謝したい。次回は自分チーム引っ張れるような投球したい」と胸をなでおろした。

 メットライフドームでの登板は、2013年9月26日、9回にリリーフ登板して胴上げ投手となって以来。「(感慨は)全くなかった。そんな余裕もない投球だった」と苦笑したが、今季好投しながら援護に恵まれていなかったマー君に、勝ち運が戻ってきたか。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)