敵地・ツインズ戦に「2番・DH」で先発出場

■ツインズ ー エンゼルス(日本時間25日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地のツインズ戦で「2番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場した。初回の第1打席で右中間二塁打を放ち、3試合ぶりの安打をマークした。その後に先取点となるホームを踏んだ。

 初回1死、2017年から3年連続2桁勝利を挙げた右腕ベリオスの外角シンカーをバットに乗せた。右中間を破る二塁打となった。打球速度は113.8マイル(約183.1キロ)。続くアップトンの遊撃・シモンズの野選と二塁・ポランコの送球エラーで先取点となる本塁へ駆け抜けた。

 3回の先頭で迎えた第2打席は、83.1マイル(約134キロ)のカーブにタイミングが合わず空振り三振に倒れた。

 ここまで両リーグ最多34本塁打。4試合ぶりの一発が期待される。前日23日(同24日)の同戦は今季3度目の欠場となった。試合前まで後半戦は6試合出場し、24打数4安打の打率.167、1本塁打、4打点、14三振。復調のきっかけをつかみたいところだ。(Full-Count編集部)