2戦連発は今季7度目、本塁打&打点の打撃2冠王も見えた

■エンゼルス 8ー7 ロッキーズ(日本時間29日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地のロッキーズ戦で2試合連発となる弾丸37号3ランを放った。「2番・指名打者」で先発出場し、4回の第3打席で一時逆転弾。本塁打王争いではリーグ2位に5本差をつけ、打点ではリーグトップに1点差に迫った。3打数2安打3打点2四球で打率.280。チームは8-7で貯金1とした。

 抜群の勝負強さを見せつけた。2点を追う4回2死一、三塁。大谷は3番手右腕ティノコから右越えへ弾丸ライナーを突き刺した。打球速度は113.1マイル(約182.0キロ)。2試合連発は2021年7月9日(同10日)のマリナーズ戦以来、今季7度目通算12度目だ。本塁打王争いではリーグ2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に5本差と独走態勢に。また今季81打点とし、リーグトップ82打点のレッドソックス・デバースに1点差に迫った。

 初回1死では右前打。内野シフトで狭い一、二塁間を破る一打で出塁し、同2死一、二塁からイグレシアスの左前打で生還した。3試合ぶり今季29度目のマルチ安打とした。3回先頭は四球で出塁し、6回先頭は見逃し三振。同点の8回1死一塁は四球を選んで、ゴセリンの勝ち越し打を呼び込んだ。

 シーズン59発ペースとした。60本塁打ならベーブ・ルースが1927年に記録したシーズン自己最多本塁打に並ぶ。ア・リーグ記録は1961年にロジャー・マリスが記録した61本塁打。偉大なスラッガーたちにどこまで迫れるか。(Full-Count編集部)