ロッキーズ戦で37号弾を放つと“確信歩き”でボールを見届けた大谷翔平

■エンゼルス 8ー7 ロッキーズ(日本時間29日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地のロッキーズ戦で2試合連発の37号3ランを放った。「2番・指名打者」で先発出場すると、4回の第3打席で右翼スタンドへ逆転弾。打った瞬間に本塁打を確信し“確信歩き”。華麗なバットフリップに「ホントにカッコイイ」とファンも喝采だった。

 2点を追う4回2死一、三塁のチャンスだった。大谷は3番手右腕・ティノコのボールを弾丸ライナーで右翼スタンドに突き刺した。打球速度は113.1マイル(約182.0キロ)の3ラン。この一発でブルージェイズのゲレーロJr.に5本差をつけてキング争いを独走。さらに、打点王争いでもメジャートップのレッドソックスのデバースに1点差に迫った。

 大谷はボールを弾き返した瞬間に打球を見ながら“確信歩き”。ボールの行方を眺めながら、右手で悠然とバットを放り投げた。華麗なバットフリップ。この一発を動画で紹介したMLB公式のツイッターにはファンから「アメージング」「すごく控え目なバットフリップ」「このバットフリップに恋した」「ほんとにカッコイイ」「ビューティフル」「自信に満ちたバットフリップ」「なんて魅力的なバットフリップなの」「素晴らしいバットフリップだ」「完璧」と喝采のコメントが殺到していた。(Full-Count編集部)