アドラー記者「MVPにおいては重大な偉業が考慮に入れられるべき」

 エンゼルスの大谷翔平投手が、ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手、ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手と熾烈な本塁打王争いを続けている。現在、本塁打数トップはゲレーロJr.の46本。1本差でペレスが追い、大谷は2本差の44本塁打となっている。(18日現在)

 本塁打王争いと共に、気になるのが、大谷が最有力候補とされるMVP争い。MLB公式サイトでは番記者らが論戦を展開し、仮にゲレーロJr.が本塁打王だけでなく3冠王を獲ったとしても、MVPは大谷が「楽勝で獲る」と展望している。

「ブラッドJr.にとって、3冠王=MVPとなるか?」との見出しで掲載されたMLB公式サイトの展望記事。MLB公式サイトのマーク・フェインサンド記者、デビッド・アドラー記者、アナリストのマイク・ペトリエロ氏、編集者のアリソン・フッター氏がMVP争いについて、それぞれの意見を論じている。

「2人の本当に素晴らしい選手が2つの全く違う方向で素晴らしい。ただただ素晴らしい争いだ」と評するアドラー記者は「MVPにおいては重大な偉業が考慮に入れられるべきであり、10年近く達成されていない3冠王もそれに該当するが、オオタニのシーズンはMLBの歴史で唯一無二のものだ」とし、大谷がMVPに相応しいとする。

歴史的な活躍で大谷の名前を冠した賞創設の提案も…

 ペトリエロ氏も「ブラッドは素晴らしい。私たちはみんな彼のことを尊ぶべきだ」とゲレーロJr.の活躍を称えつつも、MVP本命には大谷を推す。「3冠王はクールなことだが、珍しいことであって前例がないことではない。ここ数週間で変わったのは、オオタニがMVPを『満場一致で獲る』から『楽勝で獲る』に変わっただけだ」と断言している。

 フェインサンド記者は所属球団の成功度合いも考慮に入れるべきだとし、ゲレーロJr.が在籍するブルージェイズがポストシーズンに進出した場合はMVPになり得ると指摘。「どう投票していいか分からない。今年、私はア・リーグのMVPじゃなく、ナ・リーグの最優秀監督賞の投票者でよかった。これは決めるのが残酷なレースだと思う。1か月前にはオオタニで決定だと思っていたが、ブラッドが間違いなく事を面白くしている」と述べている。

 また、大谷が成し遂げてきた偉業に対してはこんな意見も飛び出している。フェインサンド氏は「100球未満で完封することをグレッグ・マダックスの名前をとって『マダックス』と呼ぶように、これから全ての二刀流選手を『ショウヘイ』と呼んではどうか」と提言。アドラー記者も「オオタニがしていること名前をつける必要がある」とし、ペトリエロ氏は「彼がこの活躍を毎年やったら『Most Ohtani Player賞』に名前を変えよう」とした。

 果たして、MLB公式サイトの面々の予想通りに、大谷はア・リーグMVPに輝くか。今後の残るシーズンの行方に注目だ。(Full-Count編集部)