本拠地アスレチックス戦で「2番・投手」で投打同時出場

■エンゼルス ー アスレチックス(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地・アスレチックス戦で「2番・投手」で出場した。投打同時出場は19度目。6回の第3打席でセーフティバントを試み球場のファンが騒然とするシーンがあった。

 熾烈な本塁打王争いを繰り広げる大谷。この日は第1打席で四球、第2打席では申告敬遠と勝負してもらえず。だが、2点を追う6回は先頭で打席に入ると、三塁線へセーフティバントを試みた。結果は投ゴロに終わったが、本塁打を期待した本拠地のファンからは驚きの声も上がっていた。(Full-Count編集部)