デザインしたアーティスト「私の世界では、彼は双子だ」

 エンゼルス・大谷翔平投手の“不気味すぎる”野球カードが、ファンの注目を集めている。トレーディングカードを販売する「Topps」が制作した1枚は、首元から謎の生物が生えているという奇抜なデザインに。前衛的な出来栄えに「最近のホラー映画に影響受けてるのかな?」「邪悪でおもしろい」などの声が寄せられている。

 カードのデザインを担ったのは、ロサンゼルスのポップ・シュールレアリスムアーティスト、アレックス・パルディーさん。作品は、背中を向けながら振り返る大谷の首元からバットを持った奇妙な生物が顔を出しているというデザインになっている。自身のツイッターでは「ショウヘイ・オオタニは双子じゃないと私に言ってくる皆へ 私の世界では、彼は双子だ」と意図を説明した。

 Topps社によると、パルディーさんはキュートさと恐ろしさを融合させた「Brightmares(明るい悪夢)」をテーマにした作品を展開している。アーティストならではの感性に、ファンも驚き。「素晴らしいカード!」「これぞまさに明るい悪夢」「これを買うのが待ちきれないよ!」などとコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)