8月のパイレーツ移籍後は長打力を存分に発揮

■レッズ ー パイレーツ(日本時間21日・シンシナティ)

 パイレーツの筒香嘉智外野手は20日(日本時間21日)、敵地レッズ戦に「2番・右翼」で先発し、初回の第1打席で今季8号本塁打を放った。昨季レイズで放った8本に並び、シーズン自己最多タイとなった。

 筒香にとっては5日(同6日)のカブス戦以来、実に12試合ぶりの本塁打。安打は18日(同19日)のマーリンズ戦以来2試合ぶりだ。

 今季はレイズでシーズンをスタートしたものの、ドジャース、パイレーツと渡り歩いてきた。途中2か月に及ぶマイナー暮らしも経験したものの、8月16日のパイレーツ移籍後は安打の半分が持ち味の長打。主力打者としての起用に応えている。(Full-Count編集部)