パイレーツ移籍後はわずか31試合で8本塁打

■レッズ ー パイレーツ(日本時間21日・シンシナティ)

 パイレーツの筒香嘉智外野手は20日(日本時間21日)、敵地レッズ戦の1回に右翼席に飛び込む8号先制ソロを放った。昨年レイズで放った8本に並び、これがメジャーでの自己最多。パイレーツ移籍後はわずか31試合で8発と長打力を見せつけている。

 悪天候で遅れた試合開始早々のアーチだった。「2番・右翼」で先発した筒香は第1打席、レッズ先発のグティエレスが内角低めに投じた初球、94.3マイル(約151.8キロ)の直球を捉え、ライナーで右翼席へ運んだ。筒香にとっては5日(同6日)のカブス戦以来、実に12試合ぶりの本塁打。安打は18日(同19日)のマーリンズ戦以来2試合ぶりだ。

 地元メディアも驚きのパワーだ。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」でパイレーツ番を務めるロブ・ビエテンフェル記者は自身のツイッタ―で「(真ん中に来た球を)ツツゴウとレイノルズが破壊した」と表現。続く3番のレイノルズと2者連続本塁打となり、パイレーツの幸先いい先制を喜んだ。

 また相手チーム・レッズの地元メディア「シンシナティ・コム」のレッズ番ボビー・ナイチンゲール記者は「ツツゴウはここ一週間でレッズの投手陣を粉砕している。(今回のHRで)11打数5安打、5打点」とツイート。14日(同15日)からの3連戦も含め、筒香がこのカードで見せている破壊力に驚いている。(Full-Count編集部)