「ESPN」のインタビューで自負も「自分をMVPだと思っている」

 ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手が米スポーツ専門局「ESPN」のインタビューで、本塁打王を争っているエンゼルスの大谷翔平投手についても語った。熾烈な争いを続けているゲレーロJr.は「自分のことをMVPだと思っている」と、今季の成績に胸を張った。

 現在46本の本塁打を放ち、ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手と本塁打王争いのトップタイに立っている。本塁打だけでなく、打率.323もリーグトップ、105打点はリーグ4位タイと輝かしい成績を残している。

 3冠王の可能性さえ残されており、例年であれば、MVP最有力候補に上がってもおかしくはない今季の活躍。だが、大谷が二刀流でセンセーショナルな活躍を見せ、事前のMVP投票でも、その差は縮まりつつあるものの、大谷がダントツの票を得ていた。

 ゲレーロJr.は「ESPN」のインタビューに対し「自分のことをMVPだと考えているよ、個人的にはね。でも、ご存じの通り、彼(オオタニ)は明らかに素晴らしい仕事をしている。とても好調なサルバドール・ペレスもいる。彼ら(投票者)がどんな決断をしようと全く文句はないけど、自分のことをMVPだと思っているよ」と、自身のプレーに自信を示す。

オールスターでの記念写真の“裏話”も披露「彼はとても謙虚な人」

 もちろん、大谷の活躍ぶりは認めている。その上で「僕は自分の仕事をするためにここに来ている。もし神が僕にそれ(MVP)を用意してくれているなら受け取るけど、僕は自分の仕事をするためにここにいる。プレーオフに進出できるように勝ち続けることに集中しているんだ」とも語っている。

 また、インタビューではオールスターでのちょっとした“裏話”も。インタビュアーを務めたマーリー・リベラさんを通して、大谷に記念写真を頼んだという。わざわざ仲介を頼んだワケを問われて、こう答えている。

「僕たち野球選手は、お互いのスペースを尊重しないといけないことを知っているんだ。彼が戦闘モードに入ってるときに、一緒に写真を撮りたくはなかったんだ。彼が集中していたり、自分がやるべきことを考えたりしていたのか分からなかった。だから、あなたが僕に(写真を撮らないの?って)尋ねたとき『いいや、彼のことよく知らないから』と答えたんだ。彼はとても謙虚な人だ。特に彼がしている努力や彼が送っているシーズンについてはね」

 自身のプレー、成績に対しての自負を覗かせながらも、大谷に対してのリスペクト、気遣いも感じさせるゲレーロJr.の言葉。熾烈な本塁打王争い、そしてMVP争いの行方が楽しみだ。(Full-Count編集部)