イースタン・リーグのヤクルト戦で木澤から19号2ラン

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が23日、イースタン・リーグのヤクルト戦(鎌ケ谷)で、リーグ単独トップとなる19号2ランを放った。右翼場外まで運ぶ特大弾で、スタンドはどよめき。4打数1安打2打点で、打率.201となった。試合は5-7で日本ハムが敗れた。

 清宮は「4番・一塁」で出場。3回2死一塁で迎えた第2打席だった。ヤクルトのドラフト1位ルーキー木澤が投じたフルカウントからの真っ直ぐを弾き返すと、右翼方向への打球はぐんぐん伸びて防球ネットさえも越えて着弾。解説の岩本勉氏も「バスに当たった!」と叫んだ。

 今季ここまで1軍出場がない清宮。打率こそ低調だが、アーチは量産している。シーズン最終盤に入る中、衝撃弾で存在感を放っている。(Full-Count編集部)