1度は勝負に出たアストロズバッテリーに「勝負する理由はない」とも

■アストロズ 9ー5 エンゼルス(日本時間23日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地でのアストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場した。延長10回無死二塁でのサヨナラのチャンスで打席に立つも、2打席連続で申告敬遠。相手は1度は勝負に出るも、2ボールとなって歩かせる結末に、米記者も納得していた。

 5-5で迎えた延長10回無死二塁で大谷が打席へ。2球連続でボールとなり、打者有利のカウントに。そこでアストロズベンチは申告敬遠を指示した。声援はブーイングの嵐に変わり、大谷自身も思わず苦笑いだった。

 このアストロズの申告敬遠に米記者たちも注目。「ショウヘイ・オオタニがエンゼルスの先頭打者だが、おそらく敬遠されるだろう」とツイートしていたMLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は、勝負の選択に「うーん。アストロズは一塁が空いた10回にショウヘイ・オオタニと勝負するようだ」。2ボール後に申告敬遠となり「そして、カウント2-0になった後、ショウヘイ・オオタニは歩かされた……」と続けた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブルーム記者も「どうやらアストロズはショウヘイ・オオタニと勝負するようだ。彼らがそうする理由は文字通りない」と驚きを込めてツイート。申告敬遠が宣告されると「2球後、彼は敬遠された」と続けた。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者も「アストロズがここで彼と勝負する理由が分からない」とした後に「OK、彼らは2球投げた後、彼を敬遠した」と伝えていた。(Full-Count編集部)