右ふくらはぎの負傷で今季中の復帰が絶望的「キャリアの中で最大の故障」

 右ふくらはぎの負傷で今季中の復帰が絶望的となっているエンゼルスのマイク・トラウト外野手が、本塁打王、MVP争いを繰り広げる大谷翔平投手へ「我慢強くならないといけない」とアドバイスを送った。

 トラウトは25日(日本時間26日)、本拠地でのマリナーズ戦に帯同しており、同僚の大谷について言及。前日は今季2度目の1試合4四球などここ最近は“四球攻め”が続いているが「彼ならそういう扱いを受けるものさ」と、納得した表情を見せた。

 シーズンも終盤となりタイトルの行方も気になるところだが、3度のMVPを手にしている主砲は大谷の現状を分析し「我慢強くならないといけないと、彼には伝えている。アプローチを変えてはいけない。僕らが今夜対戦するチームは(プレーオフ進出のために)なんとしても勝とうとするだろう」と、アドバイスを送っていた。

 自身の怪我については「僕にとっては厳しい時間になっている。しかし今は振り返ってみて、全てのことから学んでいる。今回は僕のキャリアの中で最大の故障であることは間違いない」と語っていた。(Full-Count編集部)