大谷は10勝目こそ逃したが7回5安打1失点、10奪三振の力投

■マリナーズ 5ー1 エンゼルス(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地・マリナーズ戦に「2番・投手」で出場し、7回5安打1失点の好投を見せるも10勝目はお預けとなった。ベンチに戻る際に見せた審判への“爽やかウインク”が反響となり、米ファンも「失神」「私の心臓を止める気か」とメロメロだった。

 最終イニングの締めくくりはこの日10個目の三振だった。大谷は7回2死からバウアーズにこの日最速となる99.2マイル(約159.6キロ)の直球で空振り三振を奪った。

 スタンディングオベーションが起こる中、ベンチに戻る際に審判から粘着物質のチェックを受けることに。充実感を漂わせながら左目でウインクすると、笑顔を見せながら帽子を取りグラブを差し出した。

 この様子をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開するとファンからは「失神する」「これはパーフェクト」「キュートだ」「この男に恋してる」「私の心臓を止める気か」と大絶賛だった。

 ベーブ・ルース以来となる103年ぶりの「2桁勝利・2桁本塁打」はまたもお預けとなったが、純粋に野球を楽しむ大谷の姿にファンは魅了されている。(Full-Count編集部)