防御率0点台の絶対的守護神VSヤクルト優勝への原動力

 今季のセ、パ両リーグの新人王争いは、いずれもレベルの高い候補者がめじろ押し。大激戦となっている。一生に1度のチャンスをモノにするのは誰か。現役時代にヤクルト、楽天で外野手として活躍し、ゴールデングラブ賞に7度輝いた野球評論家・飯田哲也氏に見解を聞いた。

 今季の新人王有資格者は異例の“大豊作”。中でも、セ・リーグでシーズンを通して活躍し、夏の東京五輪でも金メダル獲得の原動力となった広島の守護神・栗林良吏投手の成績は驚異的だ。49試合に登板し0勝1敗33セーブ、防御率0.37。48回1/3を投げて2点しか失っていないのだから、新人とは思えない(成績は15日現在、以下同)。

 一方、後半になって頭角を現してきたのが、高卒2年目のヤクルト・奥川恭伸投手である。新人王は最初の支配下登録から5年以内で、前年までの1軍登板が通算30イニング以内の投手に資格があり、奥川の昨季登板は1試合(2イニング5失点)だった。今季は中9日以上のインターバルを置く慎重な起用で結果を残し、特に8月以降は5勝1敗。ここまで9勝3敗、防御率3.02をマークしている。昨季までの2年連続最下位から一変、優勝に近づいているチームへの貢献度は高い。

「奥川の受賞は、チームの優勝が条件になると思います。優勝した上で2桁勝利なら、可能性はかなり高いのではないか。もし優勝できなかったら、栗林でしょうね」と飯田氏は展開を読む。

サイクル達成のDeNA牧、阪神佐藤輝は失速も中野や伊藤将も奮闘

 他にも、DeNAの牧秀悟内野手は8月25日の阪神戦で、新人では史上初のサイクル安打を達成。打率.296、22本塁打、67打点も新人離れしている。阪神の中野拓夢内野手は遊撃のレギュラーに定着し、リーグトップの27盗塁。同じ阪神の左腕・伊藤将司投手は8勝7敗、防御率2.61の好成績だ。シーズン前半、新人最多本塁打記録の31本を破るペースで打ちまくっていた阪神・佐藤輝明内野手は、8月22日の中日戦から10月3日の中日戦まで、セ・リーグ記録を更新する59打席連続無安打に陥るなど大失速した。

「例年なら、佐藤輝、牧はもちろん、中野、伊藤も新人王を取れる成績です」と飯田氏は言う。好成績を残しながら、強力すぎるライバルがいて新人王を逃した有資格者は、リーグから特別表彰されるのが通例。広島の森下が10勝を挙げて受賞した昨年のセ・リーグは、9勝の巨人・戸郷を表彰。ヤクルト・村上が受賞した2019年のセも、阪神・近本を表彰している。今年はいったい、何人が特別表彰されることになるのだろうか。

 パ・リーグでは、やはり高卒2年目のオリックス・宮城大弥投手が同僚の山本に次ぐリーグ2位の12勝(4敗)、同2位の防御率2.55をマーク。日本ハムの伊藤大海投手は9勝9敗、防御率3.00。楽天の早川隆久投手も9勝6敗、3.74で2桁勝利に近づいている。

「勝率(.750)が素晴らしく、チームへの貢献度が高い。宮城が受賞にふさわしいと思います」と飯田氏。宮城と同学年のロッテ・佐々木朗希投手も、超大物の片鱗を見せたが、開幕に出遅れたことなどから3勝2敗にとどまっている。

“凄すぎるルーキー”がズラリと顔を揃えた今季。結果的に新人王を逃す選手は、デビューした年が悪かったと諦めるしかないが、このままそろって球界を牽引する選手に育っていってほしい。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)