取材を通じて見えた現場指導者の実態を検証

 子どもたちがうまくなってほしい……。少年野球の指導に携わる人なら誰もが動画投稿サイト「YouTube」などで動画を探したことがあると思います。その動画、果たして正しい指導法ですか? 取材の中で聞こえてきた現場の疑問を紹介し、解決する『First-Pitchコーチ』では今回、指導動画についての課題について考えていきたいと思います。

 ある少年野球チームで「ボールは下からカチ上げるように打つんだ! これはフライボール革命と言って、本塁打を打つためにやらなきゃいけないんだ」と指導をしているお父さんを見かけました。

 聞くところによると、YouTube上にあった動画を見て、子どもたちにそういう指導をするようになったそうです。

 フライボール革命とは「フライを打ち上げる方が、よりヒットの確率が上がる」という考え方です。MLBで「スタットキャスト」と呼ばれるボールの打球角度や速度を数値化するシステムが2015年から導入され、いち早くチームとして取り入れたアストロズが、ワールドシリーズを制覇したことからメジャーで広まっていきました。一方で、年間の三振数が増えるなどマイナス要素も懸念されています。

 今回、そのお父さんが見たとされる動画をYouTubeで視聴しましたが、出演者が自らの感覚を語るものでした。これは理論ではなくて、持論になるのかなと考えます。

 プロ野球選手がYouTubeで技術を紹介するケースも増えました。さすがはプロです。多くの方々がご自身の理論のもと、感覚で取り組んできたことを言語化したり、細かく身振り手振りで説明しています。理論と持論を分けて話すケースが多いです。

プロ野球選手の指導動画には「理論」が存在するものが多い

 野球の知識や経験があれば、このあたりの区別はできるかもしれません。ただ、未経験の方なら子どもを上手にしたい思いから、誤解に気づかず、そのまま吸収して、子どもたちに指導してしまう危険性があります。

 その結果、不幸になるのは子どもたちです。YouTubeなど動画での情報発信のすべてが悪いわけではありません。多くのYouTuberたちが野球の魅力を伝え、新たな世代の子供たちに野球を好きになるきっかけを与えてくれています。野球界が考えていかなくてはいけないプレー人口の減少問題をどうにかしようと必死に活動する方たちもいます。ただ、技術指導動画については見る方も、作る方もより慎重になるべき問題かもしれません。

 子どもにとって有益かそうではないか判断するひとつの基準としては発信者のその動作が「理論」なのか「持論」なのか、そのコンテンツの中で紹介されているのどうかなどが挙げられます。それに、得られても子どもたちにわかりやすく伝わらなければ意味がありません。

 動画が野球の情報発信ツールの1つとして成長していく中で、少年野球の指導の現場も共にいい方向へ進んでいくことに期待がかかります。(記事提供:First-Pitch編集部)