がん患者に知ってほしいと、事実公表の道を選ぶ

 がんからの復帰を果たした大リーガーが、シーズン中にひそかに向き合った“再発の恐怖”との闘いを赤裸々に語っている。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」が、「なぜマンシーニは6月に2週間も『パニックに陥った』のか――そしてなぜ彼はそれを元がん患者に知ってほしいのか」と題した記事で伝えている。

 主人公はオリオールズのトレイ・マンシーニ外野手だ。2020年のキャンプが行われていた3月に、結腸がんで手術を受けたことを公表した。同年は全休したものの今季は戦列に復帰、147試合で打率.255、21本塁打の成績を残した。大谷翔平投手も出場した球宴本塁打競争では決勝進出し、メッツのアロンソに敗れたものの2位。一見、順調な過程を歩んだように見える。

 ただ記事は、シーズン中にマンシーニが様々な恐怖、葛藤と戦っていたと伝えている。マンシーニの結腸がんはステージ3だった。6か月の化学療法を経て復帰し「他のがんと闘う人たちの手本になろう」と決意してのシーズンだった。ただその中で、主治医や恋人、監督、両親しか知らない出来事があった。6月に、がん再発の恐怖と向き合っていたのだ。

 血液検査で、がんの指標となり得るたんぱく質の上昇が見つかった。これが再発なのかどうかを見極める検査の過程で、マンシーニは不吉な感情に打ちのめされ「パニックに陥ったよ」と振り返っている。

神経質になるのは「全くあなたのためにならない」

 マンシーニが問題の血液検査結果を受け取ったのは、本拠地球場の駐車場だった。すぐに連絡した医師は「心配する必要はない」と励ましたが「考え過ぎてしまった。最悪のことを考えてしまい、それを振り払うことができなかった」。不安に駆られ、車の内装を殴って破壊することもあった。野球の成績も急落し、ハイド監督からは休養を勧められたが、憶測を避けるために出場し続けた。

 循環腫瘍DNA検査を受けて1週間、陰性との結果が出たのは7月4日(日本時間5日)だ。悩みの晴れたマンシーニはその日からの16試合中15試合でヒットを打ち、7月は打率.299、OPS.919を記録。7月12日(同13日)には球宴前日の本塁打ダービーに出場し2位となった。

 マンシーニは、一度がんになったら戦いは終わらないこと、パニックに陥る瞬間があることを他のがん患者にも理解してほしいと考えており、この過程を公表することを選んだ。記事は彼の言葉を伝えている。

「私にはこうやって発言する場があるから、不安や間違ったことを考えることが、実際に間違いを犯すことに繋がると人々に理解してもらう役に立てる。大きな不安に駆られたり、神経質になったり、ストレスを抱えたりすることは、全くあなたのためにならない。同じような状況に陥った誰かがこれを読んで、これが現実なんだと知ってもらえたら嬉しい。医者の言うことを聞くのが、何よりも重要だ。彼らは虚飾せず、ありのままを伝えてくれる。私もそうすればよかったよ」(Full-Count編集部)