首位のオリックスは平野が守護神として貢献も、外国人補強は不発

 2021年のペナントレースも残りあとわずか。パ・リーグではロッテが2位でありながら、ついに51年ぶりとなるマジック7が点灯し、優勝争いもいよいよ佳境に来ている。コロナ禍で、ここまで各球団が130試合超を消化してきた2021年シーズン。では、開幕前、そしてシーズン中にパ6球団が行った補強戦略は奏功したのだろうか。

○オリックス
平野佳寿(42試1勝3敗26S4H 防2.31)
能見篤史(26試0勝0敗2S5H 防4.03)
ステフェン・ロメロ(20試77打13安3本9点 .169)
グレン・スパークマン(5試0勝1敗0S0H 防7.31)
ランヘル・ラベロ(1軍出場なし)
セサル・バルガス(5試1勝1敗0S1H 防11.00)

 首位を走るオリックスは復帰した平野が守護神として26セーブをマーク。能見も中継ぎとして26試合に登板した。その一方で外国人補強では苦戦している。ロメロは家族が来日できないことからシーズン途中に退団。途中加入のスパークマン、バルガスはなかなか結果に繋がらず。打線強化が期待されたラベロは調整のために出場していた2軍戦で骨折し、1軍デビューできないままに離脱してしまった。

○ロッテ
アデイニー・エチェバリア(70試183打38安4本24点 .208)
国吉佑樹(22試2勝0敗2S14H、防1.64)
加藤匠馬(50試90打8安打1本3点 .089)
エンニー・ロメロ(4試1勝0敗0S0H 防1.54)
小窪哲也(7試18打1安1本2点 .056)

 マジックを点灯させたロッテは今季の補強が成功した球団の1つだろう。エチェバリアは打率は低いが、超人めいた好守でたびたびチームを救い、トレードで獲得した国吉はセットアッパーとして終盤戦に活躍。加藤匠馬も守備面を評価されて正捕手として起用されている。的確な補強を行った印象だ。

ソフトバンクはマルティネスが活躍も、レイが前半戦で退団に

○楽天
田中将大(21試合4勝7敗0S0H 防2.90)
アダム・コンリー(来日せず)
ブランドン・ディクソン(38試108打18安4本15点 .167)
ルスネイ・カスティーヨ(33試71打16安1本3点 .225)
横尾俊建(26試55打11安0本3点 .200)
炭谷銀仁朗(42試合91打数21安3本8点 .231)

 3位に位置する楽天は補強が誤算続きのシーズンだっただろう。田中将大は好投を続けるも、味方の援護に恵まれずに4勝止まり。コンリーは家族の来日が叶わないことから来日しないまま退団。ディクソン、カスティーヨの助っ人野手も完全に期待外れに終わり、ほぼ日本人のみでの戦いを強いられることになった。

○ソフトバンク
ニック・マルティネス(20試合9勝4敗0S0H 防1.70)
コリン・レイ(6試合3勝1敗0S0H 防2.02)
中谷将大(1軍出場なし)
ダリエル・アルバレス(12試37打6安1本3点 .162)

 4位に沈み、2年連続のリーグ優勝を逃したソフトバンク。日本ハムから加入したマルティネスは防御率1点台とエース級の活躍を見せたが、もう1人、ローテの一角として期待されたレイは来日できなかった家族の事情で前半戦を終えたところで退団に。貴重な先発を欠くことになったことも後半戦に響いた。シーズン中に獲得した中谷、アルバレスは1軍の戦力にはなれなかった。

○西武
マット・ダーモディ(11試合0勝2敗0S0H 防5.13)
平沼翔太(41試85打16安0本3点 .188)
公文克彦(20試合0勝0敗0S0H 防2.35)

 西武も補強が功を奏したとは言い難いシーズンとなった。先発の一角として期待したダーモディはここまで1勝もできず。日本ハムとのトレードで獲得した平沼、公文の2人も劇的にチームを変えるほどの起爆剤にはなれなかった。

○日本ハム
ロビー・アーリン(10試2勝2敗0S0H 防2.12)
ロニー・ロドリゲス(47試113打22安6本10点 .195)
池田隆英(17試3勝10敗0S1H 防3.98)
谷川昌希(9試1勝0敗0S0H 防5.23)
佐藤龍世(48試113打25安0本6点 .221)
木村文紀(37試74打11安1本7点 .149)

 日本ハムも今季は苦戦を強いられたチームだ。新助っ人のアーリン、ロドリゲスともに、大きなチームへの貢献はできず。トレードで獲得した池田、谷川、佐藤、木村の4選手も目立った成績は残せず。劇的にチームを変えることなく、最下位に沈んでいる。(Full-Count編集部)