本塁打は岡本和&村上が39号でトップ、鈴木誠が9月に月間13本を放ち猛追

 2021年シーズンは、各チーム残り10試合を切った。セ・パとも予断を許さない優勝争いやクライマックスシリーズ進出の行方に注目が集まる中、タイトル争いも見逃せない。すでに確定しているタイトルがある一方で、熾烈を極める部門も。特にセ・リーグでは、最後の最後までもつれそうなタイトルも多い。(成績は17日現在)

 デッドヒートを繰り広げているのは、打撃主要3部門。中でも、本塁打はヤクルト・村上宗隆内野手と巨人・岡本和真内野手の39本。猛追するのが広島・鈴木誠也外野手だ。9月に月間13本を放ち、17日の阪神戦(甲子園)でも1試合2発。38本まで伸ばし、1本差で射程圏内に入れている。

 その鈴木誠は現在、打率.325でトップに立つが、阪神・近本光司外野手が打率.318、DeNA・桑原将志外野手も打率.310と迫る。打点では、岡本和が112打点。107打点の村上に5差をつけてトップに立っているが、試合数は巨人は残り4試合に対し、ヤクルトは8試合。逆転のチャンスはまだまだありそうだ。

 同僚対決となっている盗塁王争いは、阪神のドラフト6位ルーキー・中野拓夢内野手が27盗塁で、24盗塁の近本を抑えてトップに立っている。今季ブレークしたヤクルト・塩見泰隆外野手が21盗塁で3位につけている。

最多勝争いは5人が射程圏内、最高勝率は現時点で該当者なし

 投手部門では、ヤクルトの清水昇投手が最優秀中継ぎを確定させ、阪神のロベルト・スアレス投手も2年連続の最多セーブをほぼ手中に収めている。最後まで行方が分からないのが最多勝争いで、4人が候補に。阪神・青柳晃洋投手、広島・九里亜蓮投手が12勝でトップ。1差の11勝で中日・柳裕也投手、巨人・高橋優貴投手が追う。誰が獲得しても初受賞になる。

 最高勝率は現在、規定投球回を超えている投手では、1位が青柳の勝率.706、柳が11勝5敗の.688で2位につけている。ただ、タイトル獲得の条件は「13勝以上」。12勝を挙げている青柳、九里に分があるが、現行条件になった2013年以降初の「該当者なし」という可能性もある。誰に栄冠が輝くのか、最後の1試合まで分からない。(Full-Count編集部)