19日の日本ハム戦に先発、現役最終登板に臨む

 西武の松坂大輔投手が18日、メットライフドームでの1軍練習に合流した。その姿を見たファンからは19日の日本ハム戦で予定される現役最終登板へ向け、感涙のコメントが集まっている。

 球団が公式ツイッターで「今日から #松坂大輔 投手が一軍合流!『2日間よろしくお願いします!』と投手陣の前で挨拶をして練習を開始しました!」と呟くとともに、ブルーの練習着に身を包んだ笑顔の松坂の写真をアップした。

 松坂は2020年に中日から、プロ入り当時に所属した西武へ復帰。この2年間は練習試合に1度登板しただけで、公式戦のマウンドには立っていない。さらに新型コロナ禍に見舞われたことで、西武のユニホーム姿が発信されることはほとんどなかった。

 それだけにファンは「いてくれるだけで嬉しい。ライオンズに戻ってきてくれたことが嬉しい」「泣いちゃいそうだよ……」と、西武のユニホーム姿に大感激の様子。また、入団当時からファンを魅了してきたスマイルの存在感も圧倒的で「久しぶりの大輔の笑顔」「大輔の笑顔は世界一!」というコメントも。さらに「明日が来てほしいような来てほしくないような……複雑ぅ」と、現役“最終”登板を控えた姿に心かきむしられるような言葉もついていた。(Full-Count編集部)