楽天・田中将は181勝と大活躍、西武の“ドラ1”2人もローテの一角に

 西武・松坂大輔投手と日本ハム・斎藤佑樹投手が今季限りでユニホームを脱いだ。松坂は1998年夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成して優勝。斎藤は2006年夏の甲子園で延長再試合の末勝利し、一躍時の人となった。2人が引退し、NPBで現役を続けている“夏V腕”たちの成績はどのようなものだろうか。(成績は20日現在)

 残る現役選手は7人。断トツの成績を収めているのが楽天・田中将大投手だ。北海道・駒大苫小牧高で2005年に2年生ながらエースとして夏の甲子園を制覇した。翌2006年は決勝で斎藤佑樹率いる早実高に延長再試合の末敗れたが、同年の高校生ドラフト1巡目で楽天に入団。2013年には24勝0敗という圧倒的な成績を収めて海を渡った。ここまで日米通算181勝をマークし、200勝を目前にしている。

 またローテーションの一角として頭角を表してきているのが、西武の高橋光成投手と今井達也投手だ。高橋光は群馬・前橋育英高で2013年に夏の甲子園を制覇、その2年後に栃木・作新学院高の今井が日本一の栄冠を手にしている。ともに高卒ながらドラフト1位で西武に入団し、高橋光は今年自身2度目の2桁勝利を達成。今井も8勝7敗、防御率3.37と安定した投球を見せている。

藤浪は新人から3年連続2桁勝利もそれ以降は苦戦、中日・小笠原も未だ2桁なし

 しかしそのほかの甲子園優勝投手は苦しい戦いが続いている。田中将に次いで勝利を挙げているのが、54勝の阪神・藤浪晋太郎投手。新人から3年連続で2桁勝利し、2015年には最多奪三振のタイトルを獲得したが、その後は制球難に苦しんで2019年はわずか1試合の登板に終わった。昨シーズンから中継ぎも経験し、徐々に復調の気配を見せているが、完全復調とは言い難い。

 また神奈川・東海大相模高で全国制覇を果たし、2015年ドラフト1位で中日に入団した小笠原慎之介投手も、5シーズンで未だ2桁勝利なし。今シーズンは先発ローテーションを守ったが、7勝10敗と負け越している。同じ中日の清水達也投手も4年目の今季は1軍登板がなく、大阪桐蔭高でロッテ・藤原恭大外野手、中日・根尾昂内野手らとともに頂点をつかんだ日本ハム・柿木蓮投手もここまで1軍登板はない。

“甲子園V投手”の肩書きは、スターの証であるとともに選手らに大きなプレッシャーとなってのしかかる。「甲子園優勝投手は大成しない」といったジンクスが謳われることもあるが、それを跳ね返せるか。今後の活躍に注目が集まる。(Full-Count編集部)