引退の長谷川と真っ向勝負→対戦後にマウンドでお辞儀

■ソフトバンク 2ー2 日本ハム(21日・PayPayドーム)

 日本ハム・伊藤大海投手が見せた所作に注目が集まっている。21日のソフトバンク戦(PayPayドーム)で7回、今季限りで現役引退する長谷川勇也外野手へマウンドで帽子を取って深々とお辞儀。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「伊藤大海に魅かれる理由『マウンドで表現する力』」と注目した。

 注目されたのは0-0で迎えた7回1死二塁。代打で登場した長谷川と対戦し、変化球でボテボテのゴロに打ち取った。ヘッドスライディングを見せた長谷川は悔しげにベンチへ。ここでルーキー右腕は長谷川へ頭を下げた。パ・リーグTVは「この試合、最後の打席となった長谷川勇也に対しても帽子をとって最敬礼。新人らしからぬ投球はもちろんのこと、このマウンドでの表現力が伊藤大海の魅力であると、再認識した試合であった」とコメントした。

 ファンも伊藤のお辞儀に注目。「長谷川選手のヘッドスライディングで泣き、甲斐選手のホームランで泣き、まさか相手チームの選手にまで泣かされるとは、、、」「全力投球でハセの最終打席に臨み、最後に一礼する姿、とてもルーキーとは思えないし、敬意を堂々と表せる姿は本当に素晴らしい」「ホークスファンだけどコレ見てめちゃくちゃ応援したくなった、熱い勝負の中にもきちんと礼儀を忘れない、そういう選手が増えるといいな」「心の強さも人間性も素晴らしい」などとコメントされている。(Full-Count編集部)