楽天の牧田はファームで防御率0.33の好成績

 NPBの第2次戦力通告期間が29日、終了した。ヤクルトが日本一となった「SMBC日本シリーズ2021」が27日に終了。通告期間は28日、日本シリーズに出場していたヤクルトとオリックスは29日が期限となっていた。

 第1次戦力外通告期間も含めて12球団で計100人を超える選手が通告を受けた。現役引退を決めた者、他球団での現役続行を目指す者、所属球団と育成選手として再契約を結んで再起を目指す者、それぞれが人生の岐路に立たされる中で来季、戦力になりそうな選手はいるか。セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTAのデータなどを用いてピックアップしてみたい。

 まだまだニーズがありそうなのが楽天のベテラン・牧田和久投手。今季は1軍で17試合登板にとどまったが、イースタン・リーグでは29試合で2勝1敗3セーブ、防御率0.33を記録している。守備から独立した防御率を示す「tRA」も2.33と良好で、まだ十分に戦力になり得そうだ。

 オリックスから戦力外となった荒西祐大投手、金田和之投手、吉田一将投手の3人もデータ上は面白い存在。2軍で荒西が防御率2.39、金田が2.83とまずまず。吉田一は7.66と苦しんだ。ただ、本塁打を除いた打球がアウトになった割合を示す「DER」を見ると、吉田一が.530、金田が.612、荒西が.642とかなり低い。野手の守備に足を引っ張られていたとも読み取れる。

日本ハムからノンテンダーFAとなる西川と大田はどうなる

 ロッテの石崎剛投手は2軍で36.1%という「K%」をマーク。「BB%」が15.5%と高いのが課題だが、そこを改善できれば、というところ。ソフトバンクの渡邉雄大投手、西武の小川龍也投手の左腕2人も面白い。渡邉は10%を超える「BB%」が難点。小川は2軍で「tRA」2.72とチームでもトップクラスの数字を残していた。左キラーを求める球団には選択肢になりそうだ。

 野手では中日の武田健吾外野手、ソフトバンクの釜元豪外野手はどうか。武田はまだ27歳。今季は開幕から1軍にフル登録され、93試合で打率.132(38打数5安打)、1本塁打だった。釜元もまだ28歳。シーズン終盤の10月24日の楽天戦で2安打、25日のロッテ戦で3安打と2試合で計10打数5安打1本塁打3打点をマークしていた。

 また、戦力外ではないものの、日本ハムからノンテンダーFAとなった西川遥輝外野手、大田泰示外野手の去就にも注目。今季は不振に喘いだ2人だが、西川は打率.233に対して出塁率.362と高い数字をマーク。大田も実績は十分で条件面次第では十分、戦力として考えられる存在だろう。(Full-Count編集部 データ提供:DELTA)

データ提供:DELTA
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1〜3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』も運営する。