昨年10月に「人工股関節置換術」を受けていた

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手が30日、今季限りで現役を引退すると発表した。自身のツイッターで「今日、野球から引退することを発表した。こんな終わり方は全く頭になかった。しかし、なんという道のりを歩んできたことだろうか」と綴った。昨年10月には人工股関節置換術を受け、リハビリを続けていたが、今季も登板はなかった。

 2018年に右股関節の修復手術を受けたサファテ。昨季は春季キャンプ初日から復帰を目指してトレーニングを重ねたが、新型コロナウイルスの感染拡大により開幕は延期。開幕後もファームで練習を続けていたが、右股関節に再び痛みが出たため帰国し、10月に「右股関節・変形性股関節症の人工股関節置換術」を受けた。今季もリハビリを続けていたものの、投げられる状態には戻らず、ユニホームを脱ぐことになった。

 2011年にオリオールズから広島に入団して初来日すると、2013年には西武でプレーし、2014年からはソフトバンクに加入した。「キング・オブ・クローザー」として絶対的な守護神として君臨。2017年にはNPB最高記録となる54セーブをあげた。ここまで通算234セーブをマークし、外国人クローザーとして初となる250セーブまであと16セーブとしていた。ソフトバンクとは2019年からの3年契約を結んでおり、2021年まで契約が残っていた。(Full-Count編集部)