三塁手部門はオリ・宗が初受賞、データでは僅差で楽天・茂木がトップ

 2日に発表された「第50回三井ゴールデン・グラブ賞」。パ・リーグでは初受賞の3人を含め、多彩な顔ぶれとなった。5年以上の取材キャリアがあるプロ野球担当記者による投票で選出される“守備の称号”。データだけで選んだ場合と比べると、9人中6人が“一致”。セ・リーグとは対照的な結果となった。

 同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べ、どれだけの失点を防いだかを表す「UZR(Ultimate Zone Rating)」を使用。セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTAのデータを参照した。三塁手部門では楽天・茂木栄五郎がトップの数値だったが、実際はオリックス・宗佑磨が大差で初受賞。抜群の身体能力で好プレーを連発した印象の強さと貢献度は抜群だった。

 外野手部門では、ロッテ・荻野貴司と楽天・辰己涼介は同じ結果に。一方で、データでは残り1枠に楽天・岡島豪郎が入っていたが、実際はソフトバンク・柳田悠岐が2年連続6度目の受賞。岡島は柳田と45票差で4位だった。そのほか、投手部門の受賞者が異なっていた。

 セ・リーグでは、9人中6人が異なった。パは裏返したような結果となり、捕手部門のソフトバンク・甲斐拓也、遊撃手部門の西武・源田壮亮ら6人が記者の眼力でもデータでもトップだった。印象度や実績などが影響するとの声もあるが、納得の顔ぶれだったのかもしれない。(Full-Count編集部 データ提供:DELTA)

データ提供:DELTA
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1〜3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』も運営する。