MVP発表時にはCSファイナルステージに続き“ズッコケパフォーマンス”

 史上稀に見る激闘となった「SMBC日本シリーズ2021」は、ヤクルトが4勝2敗でオリックスに競り勝ち幕を閉じた。MVPには中村悠平捕手が選ばれたが、かつてヤクルトの名外野手としてゴールデングラブ賞7回、盗塁王1回を誇った野球評論家・飯田哲也氏は「もう1人、MVP級の活躍をした選手の名前を挙げておきたい」と振り返った。

 ヤクルトが20年ぶりの日本一を決めた、11月27日の第6戦。試合後のMVP発表直前には、塩見泰隆外野手が存在をアピールするかのように、するすると1人だけベンチの前に出た。そして中村の名前がコールした瞬間、がっくりと肩を落とし、周囲の爆笑を誘った。奥川恭伸投手が受賞したCSファイナルステージのMVP発表時にも思い切りズッコケたのに続く“お約束”のパフォーマンスだ。しかし飯田氏は決して冗談ではなく、塩見の働きを最大限に評価する。

 第6戦では、両軍無得点で迎えた5回2死二塁のチャンスで、オリックスのエース・山本から左前へ先制適時打。1-1の延長12回、2死走者なしでオリックス6番手・吉田凌から左前打を放って出塁し、捕逸で二進。代打・川端の詰まった当たりの左前打で、決勝のホームへ頭から滑り込んだ

 飯田氏は「川端のヒットで生還した、あの走塁が本当に素晴らしかった。レフトの吉田正がかなり前に来ていて、2死でスタートを切りやすかったとはいえ、打った瞬間、僕は正直言ってあれほど楽勝でセーフになるとは思わなかった。リードからスタートまで、全てが良かったのでしょう」と絶賛する。

賞はもらえなくても「評価してくれる人は必ずいる」

 打っては、6戦を通じ打率.250(24打数6安打)。中堅守備でも抜群の守備範囲と安定感を誇った。MVPのみならず優秀選手にも、ヤクルトからは第2戦で完封勝利を挙げた高橋奎二投手と、2本塁打のドミンゴ・サンタナ外野手が選ばれ、塩見の名前はなかった。しかし、塩見と同じくヤクルトの「1番・センター」として1990年代の黄金期を支えた飯田氏は、「チャンスメークが役割の1番打者は基本的に“脇役”。賞をもらえる機会は少ない。それでも見ている人は見ているし、評価してくれる人は必ずいます。もちろん、僕は塩見を間違いなく評価します」と語った。

「選手は日本シリーズを経験すると、スケールが大きくなります」と飯田氏。自身は高卒6年目の1992年、初めて日本シリーズに出場し、3勝4敗で西武に敗れたものの、優秀選手に選ばれている。「あれだけ緊張した中で野球をやることは本当に少ない。報道陣はめちゃくちゃ多いし、プロ野球で1年の最後を締めくくる試合ですから、雰囲気が全然違う。僕はその後、どんな試合に臨んでも“日本シリーズに比べれば大したことはない”と思えました」と振り返る。だからこそ「塩見にはこのシリーズを自信にして、来季以降も活躍を続けて、本当のレギュラーというか、長く『1番・センター』を張れる選手になってほしい」とエールを送る。

 昨季まで2年連続最下位のヤクルトが豹変し優勝できたのも、プロ4年目の塩見の急成長と1番定着によるところが大きかった。来季は改めて、連覇のキーマンとして真価を問われる。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)