2日間の指導を受けた岡野監督「あのレベルの方ですので全て見抜かれた」

 3日に千葉明徳(千葉)を訪れ、今年2度目となる高校生の指導を行ったマリナーズのイチロー氏(会長付き特別アドバイザー兼インストラクター)。メリハリの大事さなど数々の“金言”を送り、使用していた木製の黒バットもプレゼント。岡野賢太郎監督は「大会の時は必ず持っていってベンチに入れてお守り代わりにさせていただきます」と、来春の公式戦から共に戦っていくことを明かした。

 イチロー氏から2日間の指導を終えた岡野監督は「イチロー選手のあのレベルの方ですので全て見抜かれた。『こういう感じだね』と。当たり障りない指導ではなく本気の、もう一つ上のステージにいくためには、という具体的なものを頂きました」と感謝の言葉を口にした。

 選手たちには身振り手振りで技術指導、そして指導者にもメリハリの大事さを伝えた。これには指揮官も「そこだと思います。プレーに関して全力は当然で、それ以外のメリハリの部分で丁寧に教えて頂いた。高校野球のあるべき姿はこうだ、という教育の中で部活動の中でやっているところで我々も信念を持って指導してきたけど、それプラス勝ち負けが付く競技スポーツでは大事なことを教わった」と振り返った。

 練習後にはイチロー氏から「練習で使っていたバット。これを握って、振って思い出すでしょう。これを置いて帰るので。プロの選手の中でも最高のバットです」と、使用していた木製バットをプレゼントされた。

 このサプライズにはナインも大喜び。レジェンドから授かった宝物について岡野監督は「どこに保管するか学校と検討して。選手には約束というか、大会の時は必ず持っていってベンチに入れてお守り代わりにさせていただきます」。イチロー氏の思いと共に県ベスト8の壁を超えるつもりだ。(Full-Count編集部)