ドラ2・山田は「28」、ドラ3・赤星は「31」を着ける

 巨人は8日、東京・両国国技館で「読売巨人軍2021シーズン感謝祭in国技館」を開催し、新入団選手17人(支配下7人、育成10人)をお披露目した。全員が背番号の着いたユニホームを着用し、ドラフト1位の翁田大勢投手(関西国際大)は「15」に決まった。登録名が「大勢」となることも明らかにされた。

 最速157キロを誇る翁田は、ロッテを経て今季はレッドソックスで活躍した澤村拓一投手が着けた「15」を継承する。ユニホームの背中に描かれたアルファベットは「TAISEI」となっている。登録名が名前となるのは球団初。また、同2位の山田龍聖投手(JR東日本)は「28」、同3位の赤星優志投手(日大)は「31」となった。

 原監督は「いち早く東京ドームの大舞台で活躍することを期待しています」とエールを贈った。(Full-Count編集部)