育成から這い上がったサイド右腕「最後の最後まで1年、1年が勝負だと」

 昨季限りで中日を戦力外になった三ツ間卓也投手が、現役引退を明らかにした。育成契約から這い上がったサイド右腕。NPBでの6年間を振り返り「これをしておけば良かったという気持ちはありません。全部やり切ったし、スッキリしています」と語った。

 高千穂大、BC武蔵(現埼玉武蔵)をへて2015年の育成ドラフト3位で中日に入団。「1年目から気持ちを切らさず、突っ走れた」と振り返るように、1年目のオフに支配下契約に。2年目の2017年は35試合に登板して2勝1敗、11ホールドをマークした。2019年にも中継ぎとして29試合に登板したが、2020年以降は怪我の影響もあって1桁の登板数にとどまった。

 昨年10月に戦力外通告を受け、同12月の12球団合同トライアウトを受験。独立リーグなどから声を掛けてもらったというが「現役を続けるならNPB以外は考えられなかったです。0か100でやってきて、0になったんだなと」。年明けまでオファーを待った後、引退を決断した。

 通算77試合で4勝3敗、15ホールド、防御率5.24。「育成で入ったころから、最後の最後まで1年、1年が勝負だと思ってやってきました」。泥臭く歩んだプロ人生に、後悔はない。第2の人生に向けても様々な考えを巡らせているようで「これまでの経験を生かしながら、熱中できることをやっていきたい」と語った。(Full-Count編集部)